年齢や生活用品が原因で発生する眼瞼下垂とは

専門機関へ行こう

眼瞼下垂の治療にはいわゆる美容整形が利用されます。勿論眼瞼下垂は病気ですから、美容外科で同じ施術を受けるにしても保険適応での治療となります。
美容外科で眼瞼下垂の治療をする場合、行う治療は埋没法になっています。これは一重や奥二重の人が二重まぶたを手に入れるために行う治療の1つであり、非常に短時間で簡単に治療を進めることが可能です。目に施す治療ですから、どうしても腫れが現れます。しかし、最近の進化した技術では3日程度で外に出られる程度の腫れに治まるようになってきました。
術後の経過は人によって大きく差がありますから、だいたい1週間程度は時間を開けられるようにして下さい。仕事がある場合には、会社へしっかりと理解を得て有給などを利用することが必要になります。

埋没法はすっかり確立された治療となっており、眼瞼下垂で利用する場合でも安全な治療が望めます。手術にかかる時間も非常に短く、中には中学生や高校生が利用しに来るようなこともあります。
眼瞼下垂の場合でも、自分の気に入った二重幅に出来るよう担当医師とカウンセリングが出来ますから、どうせするなら眼瞼下垂の治療だけでなく自分の顔立ちを華やかに出来るように調整している人も多いです。
勿論、逆に美容整形をした感じを出したくない、今の顔立ちから雰囲気を変化させたくない場合にはそのような対処も可能となっています。
この眼瞼下垂という病気は放置していると視界を遮られることになり、非常に生活しにくい状態になってしまいます。そんな状況のままで過ごさなくても良いように、埋没手術は必ず必要となっているのです。