年齢や生活用品が原因で発生する眼瞼下垂とは

年代

眼瞼下垂の原因と治療方法

眼瞼下垂とは、まぶたの筋肉が、まぶたの上の組織からはがれてしまっている状態のことです。
まぶたの筋肉が上の組織としっかりつながっていれば、その筋肉に力を加えることで、まぶたは引っ張り上げられます。
つまり目がパッチリと開くわけです。
しかしつながっていなければ、いくら力を入れても、まぶたはあまり引っ張り上げられません。
そのため眼瞼下垂になると、目がしっかりと開かず、半分ふさがったような状態が四六時中続くことになります。
現在はパッチリと開いた目が魅力的とされる風潮があるので、美容外科では眼瞼下垂の治療がおこなわれています。
まぶたの筋肉を、上の組織に糸で縫いつけるという治療です。
まぶたの表面を切開しておこなわれる場合もありますし、傷跡が目立たないように、まぶたの裏側からおこなわれる場合もあります。

きれいな二重にするための手術も

また、眼瞼下垂の治療の際には、二重まぶたにする手術も同時におこなわれることがあります。
たとえばまぶたの表面を切開した場合に、まぶたの内部で筋肉と組織とをつないだ後で、きれいな二重の形になるように縫合するのです。
また、まぶたの裏側から治療をする場合には、糸で二重まぶたの形に固定する埋没法という施術を同時におこなうことが可能です。
眼瞼下垂になると、まぶたがたるんでしまうのですが、治療をすることでそれが改善されますし、二重まぶたにする手術もあわせておこなうことで、より魅力的な目元になります。
美容面でのメリットが多く、またそれぞれの治療を別々の機会におこなうよりも費用が安くつくというメリットもあります。
そのため多くの人が、眼瞼下垂の治療と二重まぶたの手術とを同時に受けています。