年齢や生活用品が原因で発生する眼瞼下垂とは

進行する病気

最近若い人の間でも増加している病気に眼瞼下垂というものがあります。昔は年配者や目に関わる手術の後遺症として現れることが多かったのですが、最近はコンタクトレンズの影響によって若い人にも眼瞼下垂が見られるようになりました。
これにかかると二重の幅が不自然にのびたり、変なしわやたるみが目にできたりするようになります。これは本人の自覚症状がいまいちないままに進行し、はっきりとおかしいと自覚できるようになった時には相当に進行している可能性があります。この病気の治療法は既に確立されていますから、進行している状態でも初期でも安心して施術を受けて頂けます。
まぶたが下がってくる病気ですから、治療法としてはまぶたを上げる治療になります。これは美容外科では埋没法として利用されている美容整形で治療することになります。

美容整形として受けたい場合には、全ての治療費が自己負担となってしまいます。しかし、眼瞼下垂の治療として埋没法を利用する場合には保険適応内の治療となりますから、非常に安く埋没法を利用することが可能です。
リスクやメリットは普通の埋没法と変化ありません。人によっては切開などの治療を希望することもありますが、あまりに美容外科的な施術を求めすぎると保険適応内の範囲から外れることがあります。

埋没法の範囲であれば自費でオプションをつけたり、目の形を相談したりすることは可能ですから、信頼できる美容外科の先生としっかりカウンセリングをしてから眼瞼下垂の治療をすることをおすすめしています。

  • 年代

    まれに発生するまぶたの病気に眼瞼下垂があります。これはまぶたが何らかの原因で下へ下がってしまう症状であり、美容外科で治療することが可能となっています。ちゃんとした病気ですから治療も保険適応内です。

  • 専門機関へ行こう

    視界が制限されるなどの症状が現れる「眼瞼下垂」ですが、きちんとした治療を受けることで症状が改善されると言われています。瞼が上がりにくい、と感じた場合などは無理をせずに専門機関へ行くことが大切です。

  • 原因を見つける

    先天性のものが多いと言われている眼瞼下垂はまれに後天性で症状が現れる場合があります。重症筋無力症などが原因で引き起こされる場合もあるので、放置せずにきちんと治療を受けましょう。

  • 美容外科を受診する

    まぶたを開こうとした時にまぶたの筋肉に過度な負担がかかってしまったりする事がある眼瞼下垂ですが、美容外科などで治療を受けることで治すことが出来ると言われています。